2012年10月17日

ブラジル戦で見せた可能性

16日にポーランドで行われたザックジャパンとブラジル代表との国際親善試合、結果は0−4とザックジャパンが完敗したわけですが、それなりに収穫もあった良い試合だったと思います。

この試合、中村憲剛選手と、本田圭佑選手がトップ下の位置にはいる、ゼロトップのような形で始まりました。これはこれで、ボールポゼッションも上がったし、何度か絶好のシュートチャンスもあったので使えるシステムだったと思います。

さらに良かったのが、後半に乾選手が中村憲剛選手に代わって入り、前線に香川選手と本田圭佑選手が並ぶような形になった布陣です。香川真司選手もゴール前で何度も良い場面を作ることができていたし、二人が前線に並ぶとサイド攻撃もしやすくなるとおもいますけどね。


posted by kei0901 at 07:14| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
FX
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。